TemPlat

全てのアプリ開発者を フルスタックにする

TemPlat Consoleを開く

TemPlatとは

あらゆるシステム開発を効率化するツール

システム構築ツール

TemPlatはERDやAPI、クライアント画面の設定をもとにサーバーとクライアントのソースコードを生成し、実行環境であるインフラを自動でGoogle Cloud Platform上に構築するツールです。
ソースコードとインフラを同時に構築することにより、構築された環境は即時利用可能になり、システム構築の手間を大幅に削減することが可能です。

システム構築ツール
ローコード開発ツール

ローコード開発ツール

TemPlatが生成したソースコードはそのままでも利用可能ですが、システムに合わせてソースコード自体を修正することが可能です。
ソースコードの修正はクライアントはもちろん、サーバーのソースコードも自由に修正出来ます。
ソースコードの修正が出来ることにより、あらゆるシステムがTemPlatによって構築可能です。

CI(継続的インテグレーション)ツール

TemPlatで設定したERDやAPI、クライアント画面の設定は開発時ほもちろん、運用時にも変更していくことが可能で、変更した内容を即座に実行環境に反映することも可能です。
これにより、仕様の変更に伴うシステムの改修にも柔軟に対応出来ます。

CI(継続的インテグレーション)ツール

TemPlatの特徴

システム開発を効率化する4つの特徴

全レイヤーが即時利用可能
TemPlatはサーバーとクライアントのソースコードとインフラの全てを生成するため、用意された環境は即時利用が可能になります。
サーバーはHTTPSのエンドポイントが生成され即時アクセス可能になるため、クライアント開発のモックサーバーは必要無くなり、実際のサーバーに接続して開発をスタートできます。
仕様変更に強い効率的な開発
TemPlatは登録したERDや画面設定をもとにソースコードを生成します。
ERDはいつでも変更可能で、変更はソースコードに反映されるので、開発者はTemPlatが生成したソースコードに合わせて必要最低限の修正をするだけで良くなり、仕様変更に強い開発体勢を整えることが可能になります。
デファクトスタンダードな構成
TemPlatが生成するインフラの環境やソースコードの言語は、その時点のデファクトスタンダードに従っており、それは時代の変化とともに更新され続けます。
言い換えると、開発者はTemPlatが生成した環境及び構成を使い続ける限り、時代遅れの環境や構成に悩まされることはもうありません
リーダブルなコード
TemPlatが生成するソースコードは、一般的なフレームワークや考え方を組み合わせたシンプルな作りのため、生成されたコードがブラックボックス化されることは一切ありません
開発者はTemPlatが生成したコードを隅々まで読むことが出来るとともに、様々な知識を学ぶことが出来ます。

こんな方々におすすめ

TemPlatが特におすすめなユーザー

フリーランスエンジニア

フリーランスエンジニア

知識や経験が足りないため、フルスタックな知識が求められるシステム開発を開発または受注出来ない方にTemPlatは特におすすめです。
苦手領域や知識の足りない領域がある方でもTemPlatを用いれば雛形が生成されるので、最低限のフルスタックな開発はすぐに行えるようになります。
そして、TemPlatが生成するコードを改修していくことで効率的に苦手領域の知識を習得出来ます。
言い換えれば、全ての領域を把握しフルスタックエンジニアになるための最短ルートをTemPlatは提供します。


エンジニア不足の企業

エンジニアが不足している企業にもTemPlatはおすすめです。 エンジニアが不足する原因として考えられる原因の一つは、エンジニアの業務範囲が広く、開発に専念出来ていないことが考えられます。
TemPlatを使えば開発の度に発生する環境構築やインフラ整備、モックサーバー構築等が全て不要になるため、開発のイニシャルコストを大幅に削減することが可能です。つまり、エンジニアは今まで以上に開発に専念することが出来ます。
開発のイニシャルコストを大幅に削減し業務をイノベーティブにするツール、それがTemPlatです。

エンジニア不足の企業

お問い合わせ

弊社のサービスに関してのお問い合わせは、
下記フォームからご気軽にお問合せください。